2017年-プレマシーを安く買いたいなら必ずチェック!〇〇を使った大幅値引き術とは

2017年-プレマシーを安く買いたいなら必ずチェック!〇〇を使った大幅値引き術とは

◆「プレマシー」契約時の値引きアップを得るための最新情報

2017年-プレマシーを安く買いたいなら必ずチェック!〇〇を使った大幅値引き術とは

引用:wikipedia

 

これからプレマシーを手に入れようとお考えの人を対象に、お得な値引きを手にするための情報を説明していきます。

 

もしも、この情報を知らないまま契約してしまうと最大で数十万円の値引き額の差が生じるかもしれないので、ぜひ知っておきましょう。

 

 

◆プレマシーを手に入れる際に受けられる値引き額・・・更新:

 

プレマシー購入時、値引き可能な額は・・・¥350,000

 

プレマシーは、2017年末をもって生産終了すると告知されているため、現在は時期的に大きな値引きを得やすい状況です。

 

さらに、オプション品の値引き額を合わせると、値引き額の増額も期待できます。

 

総額や組み合わせ次第で値は変わりますが、オプション品についての値引きは「20〜30%」ほどは得られると考えておきましょう。

 

 

◆「プレマシー」の値引きを引き出すための交渉はどのようにすべき?

 

プレマシーの値引きを引き出すための交渉方法ですが、似たタイプの他メーカー製のクルマとの価格比較が無難です。

 

  • ウィッシュ、アイシス(トヨタ)
  • フリード(ホンダ)
  • ラフェスタ(ニッサン)

 

…と、いった車種で見積もりを得ておきましょう。

 

特に、プレマシーのOEM契約によって販売されている「日産・ラフェスタ」は、装備内容がほぼ同一であり、価格以外で違いが見つけにくいので比較対象にうってつけといえます。

 

 

比較に用いるクルマの見積もり作成では、本命のプレマシーとグレード・装備品といった箇所に一貫性をもたせた上で、購入するつもりのないクルマの方もしっかり値引き交渉を行ないましょう。

 

比較に用いるクルマの見積もりに手を抜いてしまうと、プレマシーの販売担当者に「値引き交渉目的のためのウソの見積もりだ」と判断されてしまうからです。

 

あなたが本当に購入するつもりで比較していないとバレてしまうと、思うような値引きを得る可能性が下がってしまうかもしれません。

 

値引き交渉でしくじらないためにも、比較する側のクルマの見積もり作成には充分に注意を払っておくようにしてみてください。

 

 

◆プレマシーの新車、直近の購入例

 

◆購入例(1)兵庫県在住 男性(32歳)

 

契約月;2016年9月
契約したグレード;《20S Skyactive》

 

《20S Skyactive》クルマ本体;2,268,000円
追加装備品;580,000円

 

車両本体に対する値引き;300,000円
追加装備品値引き;200,000円

 

2010年エスティマ 下取り査定額;640,000円

 

諸経費込みの総額は・・・1,895,550円

 

 

◆購入例(2)兵庫県在住 男性(39歳)

 

契約月;2016年9月
契約したグレード;『20S Skyactive》

 

《20S Skyactive》クルマ本体;2,268,000円
追加装備品;200,000円

 

車両本体に対する値引き;350,000円
追加装備品値引き;0円

 

2010年AZワゴン 下取り査定額;130,000円

 

諸経費込みの総額は・・・1,800,450円

 

 

 

◆プレマシーはさらなる値引きが可能!“アレ”もしっかり確認しよう!

 

 

2件のプレマシーの契約をご覧いただきましたが、双方ともにそれなりの値引きを受けられていますね。

 

が、プレマシーの新車をもっと安く入手できた可能性は高く、契約をそのまま行なうのはもったいない感じがします。

 

その根拠となるのが「下取り査定額」です。

 

新車を安く購入したいのなら、下取り額が妥当なものであるか、きちんとチェックしておくことが大切です。

 

上記の2件の契約内容は、本来のクルマの価値と比較すると 100,000~200,000円 ほど低い結果に・・・。

 

新車購入時にディーラーに依頼する下取りは、新たなクルマを手にしつつ、不要となったクルマを同時に手放せる利点があります。

 

でも、ほとんどの場合、 「クルマ買取専門業者」よりも「ディーラー下取り」は下取り評価が低くなってしまうのが欠点です。

 

「ディーラーは新車の値引きした分を下取りで取り戻してる」と思われたかもしれません。

 

でもそれは間違いです。

 

ディーラーによる下取りは査定が下がる理由があるためです。

 

当サイトではそれらの問題の解決策を提案しています。

 

ディーラー下取りのシステム、下取り査定額を増額するための裏ワザなどを次のページで紹介しているので目を通してみておきましょう。

 

→ マツダプレマシーの新車を値引き額をアップして手に入れる

2017年-プレマシーを安く買いたいなら必ずチェック!〇〇を使った大幅値引き術とは

関連ページ

ロードスター
CX-3
CX-5