2017年-ロードスター激安購入術!かんたんに大幅値引きを引き出す方法とは

2017年-ロードスター激安購入術!かんたんに大幅値引きを引き出す方法とは

◆ロードスター購入時、値引きアップを得やすくするための情報

2017年-ロードスター激安購入術!かんたんに大幅値引きを引き出す方法とは

引用:wikipedia

 

ここでは、ロードスター購入予定の人を対象に購入時の値引きを効率的にアップさせる情報を紹介しています。

 

あまり難しくないのに、多くの人に知られていない「値引きアップさせる具体的な方法」はページ下に記載しています。

 

もしも、なにも知らずに契約してしまった場合、ヘタをすると数十万円の値引き額の差が生じてしまうおそれがあります。

 

そういった事態を避ける意味でも、このチャンスにチェックしておきましょう。

 

 

◆ロードスターを買う場合、値引きはどのくらい可能?(/更新)

 

ロードスターの新車、目標値引き額は → 150,000円

 

マツダ・ロードスターは、2015年に全面的なモデルチェンジが行われています。

 

このモデルチェンジ以降、しばらく時間が過ぎてはいますが、趣味性の強いクルマなので現在でも大幅な値引き額は期待できない状況といえます。

 

直近の事例でも「購入時の本体値引きは0円だった」という人も珍しくなく、車両本体の値引きをある程度得られたのであれば、オプション値引きに力を入れてみましょう。

 

なお、オプション値引きは、20〜30%を得られる程度まで交渉をがんばってみてください。

 

 

◆ロードスターを購入するなら「いつ」が一番おトク?

  • 決算期 … 1月〜3月
  • ボーナス期 … 6月〜7月
  • 中間決算期 … 8月〜9月
  • ボーナス期 … 12月

上記4つのように、ロードスターはこの時期に併せて契約することで値引き額アップしやすくなります。

 

特にオススメなのは、値引き幅がもっとも大きくなりやすい「決算期」です。

 

6〜7月、12月では「ボーナス期」にあたるシーズンなのでこのタイミングでも値引きは期待できますが、ほとんどのディーラーで大規模なセールが開催される「決算期」よりカンタンに値引きを提示してもらいやすい傾向にあります。

 

ということで、少しでも安くロードスターを入手したいのでしたら「決算期」での契約を考えておきましょう。

 

 

◆ロードスターの値引き交渉術とは?

 

ロードスターの値引きを増やすには、他社製品のスポーツカーとの価格比較を行いながら交渉を行なうのが良いでしょう。

 

以下のような車種がありますよね。

  • BRZ(スバル)
  • 86(トヨタ)
  • コペン(ダイハツ)

前もってこういったクルマで見積もり依頼をしておき、それをもとにしてマツダの販売担当者に値引き交渉を行ってみてください。

 

 

価格を競合させるために用いるライバル車の見積もりを作成する際には、注意するべき点があります。

 

それは「購入しないライバル車でもオプションをしっかり選び、購入する前提で価格交渉をしっかり進めていく」ということ。

 

万が一、見積書が適当な内容になってしまうとロードスターの販売担当者は「あまり譲歩しなくても、この人はロードスターの契約をしてくれるだろう」と値引き額を少なくされてしまうおそれがあるからです。

 

交渉相手にあなたの本心を見透かされてしまっては、思うような値引き額は得にくくなってしまうでしょう。

 

より良い条件でロードスターを契約するためにも、比較に用いるクルマの見積り作成は充分に注意を払っておくようにしましょう。

 

 

なお、他メーカー製造のクルマで価格競合させる以外にも方法はあります。

 

「マツダ」「マツダオートザム」といった、それぞれ別の企業が運営しているマツダ車販売店同士で、ロードスターの価格を競わせていく方法も値引きを得るにはオススメです。

 

あなたのお住まいの地域にロードスターを扱う店舗が複数ある際は試してみる価値がありますよ。

 

 

◆ロードスターを契約した人の例

 

▼契約例1・・・岡山県在住(53歳の男性)
購入時期・・・2016年9月

 

【S Special Package】(ATタイプ)2,808,000円
オプション追加費用・・・280,000円

 

クルマ本体の値引き・・・150,000円
オプションの値引き・・・50,000円

 

2010年製 TOYOTA カムリ を 320,000円 で下取り

 

トータル・・・2,806,320円(税金など込み)

 

 

▼契約例2・・・熊本県在住(44歳の男性)
購入時期・・・2016年8月

 

【S Special Package】(MTタイプ)2,700,000円
オプション追加費用・・・320,000円

 

クルマ本体の値引き・・・150,000円
オプションの値引き・・・50,000円

 

2008年製 BMW Z4 を 450,000円 で下取り

 

トータル・・・2,605,620円(税金など込み)

 

 

◆値引き価格以上に重要な 「アレ」 を忘れると大変なことに!

 

 

ロードスターをより安く買いたい場合は、他社製品との価格比較をしつつ値引き交渉に臨みましょう、と先に紹介しました。

 

しかし、さらに安く購入しようと考えているのなら、値引き額以上に大切な点を忘れてはなりません。

 

実際にロードスターを購入した2つのケースとも良い値引きを得られてはいます。

 

が、肝心な点を見落としているせいで、10~20万円も値引きできるチャンスを逃しています。

 

その問題点は「下取り」

 

ディーラーに依頼する下取りは、新車に乗り換えるタイミングで不要になったクルマを片付けられる利点があります。

 

しかし、中古車買取専門の業者が行なう査定よりも低くなってしまう欠点もあるのです。

 

「ディーラーは損を避けるために下取りを低く設定している」と思うかもしれません。

 

しかし、ディーラーによる下取りが下がる理由があるためなんです。

 

しかし諦めなくて大丈夫です。

 

ディーラーによる下取り価格が低くなる理由や、査定額アップのためのコツを当サイトでは紹介しているので一通り目を通してみてください。

 

→ マツダ・ロードスターを賢く安くゲットする方法へ

2017年-ロードスター激安購入術!かんたんに大幅値引きを引き出す方法とは

関連ページ

プレマシー
CX-3
CX-5