2017年-カムリを安く買うための交渉法とは?

2017年-カムリを安く買うための交渉法とは?

「カムリ」を可能な限り安く購入するために必要なこととは?

2017年-カムリを安く買うための交渉法とは?

引用:wikipedia

 

当ページでは、カムリをこれから購入する人にピッタリな、可能な限り安く購入する値引き交渉法をご紹介しています。

 

当サイトによって「数十万円」の値引きを得られた成功例も実際に存在するので、あなたも目を通してみてください。

 

 

カムリ、値引き可能な金額はどのくらい?【/最新版】

 

カムリ、可能な値引き額は・・・10万円

 

2017年7月、カムリは最新バージョンとなるフルモデルチェンジ版が発売されました。

 

フルモデルチェンジから間もない現在、大きな値引きを得るのは難しいですが、上記の値引き額まで得られるようにうまく交渉を進めていきましょう。

 

その後は、オプションの値引き交渉に切り替えることでよりおトクな価格で契約できるはずです。

 

オプションの値引きは「15%〜20%」を目標値としておきましょう。

 

 

「カムリ」の値引きアップを狙いやすいタイミングとは?

  • 1月〜3月 … 決算期
  • 6月〜7月 … ボーナス期
  • 8月〜9月 … 中間決算期
  • 12月 … ボーナス期

このように1年を通じて値引きのチャンスは数回訪れますが、特に「決算期」はディーラーが売り上げをもっとも必要とする時期なので、値引き額アップにはベストといえます。

 

ということで、値引き額を重視したい方は、「決算期」に購入するように考えておきましょう。

 

 

「カムリ」の値引き交渉、意識しておくべき大切なポイントとは?

 

カムリの値引き交渉では、ライバル企業のカムリと似たクルマの価格競合がもっとも無難です。

 

・例を挙げると・・・

  • マツダ - アテンザセダン
  • ホンダ - アコードハイブリッド
  • トヨタ - SAI
  • トヨタ - マークX

 

カムリを可能なかぎり安くしたいのであれば、カムリの値引き交渉前に意識しておくべきポイントがあります。

 

それは「ライバル車の値引き交渉」をしっかり行なうこと。
この部分がカムリの値引き交渉には不可欠であると当サイトでは判断しています。

 

なぜなら、カムリの販売スタッフに「ライバル車・カムリの2択で本気であなたが迷っている」と思わせることで値引き交渉をスムーズに進められるからです。

 

カムリの販売スタッフは商談を数多くこなすプロなので、ライバル車の相場も把握している可能性が高いです。

 

そのようなプロに適当な内容のライバル車の見積書を見せてしまうと、「この人はライバル車を購入する意志はなさそうだし、あまりこちらが譲歩しなくてもカムリを買うだろう」と思われるでしょう。

 

そうなると、目標値とは程遠い値引き結果になるのは間違いありません。

 

可能な限りカムリを安く手に入れるためにも、ライバル車のスペック・装備を事前にチェックしておき、ライバル車の値引き交渉を丁寧に行なった上でカムリの交渉に臨みましょう。

 

 

カムリ、最近購入された人の契約内容

 

契約例(1)ハイブリッド“Gパッケージ” を購入
契約者・神奈川県在住の男性(46歳) 
契約時期・2016年10月

 

グレード(ハイブリッド“Gパッケージ”):3,427,527円
オプション:430,000円

 

クルマ本体の値引き額:300,000円
オプションの値引き額:100,000円
下取り額(トヨタ・カムリ ’08年製):220,000円

 

税・諸経費込み価格:3,354,844円

 

 

契約例(2)ハイブリッド“Gパッケージ” を購入
契約者・愛知県在住の男性(55歳)
契約時期・2016年12月

 

グレード(ハイブリッド“Gパッケージ”):3,427,527円
オプション:210,000円

 

本体に対する値引き額:300,000円
オプションの値引き額:50,000円
下取り額(メルセデス・Cクラスセダン ’09年製):450,000円

 

諸経費込み合計:2,957,156円

 

 

カムリはもっと値引きができる! 後悔しないように○○を交渉時にチェックしておこう!

 

 

上記の契約例では、どちらも可能な限り値引きしてもらえました。

 

おそらく契約者も値引きに関しては満足されているはずです。

 

・・・が、値引き額が満足いく内容だったとしても、全体的な契約がイマイチになってしまうことって珍しくないんです。

 

実を言うと、例に挙げた2つとも「もっと値引きできるチャンスをみすみす逃した残念な契約」でした。

 

残念といえる根拠、それは「下取り額」にあります。

 

上記契約の「下取り額」は相場を大きく下回る評価を付けられてしまいました。その額は、それぞれ約20万円マイナスという結果に・・・。

 

「ディーラーは新車値引きの損失を下取り額でカバーしたのでは?」と疑われたかもしれませんね。しかし、それが全て正解とは限りません。

 

それ以上に「ディーラー下取りは、システム上、査定額を下げざるを得ない理由」が影響するからです。

 

ただし、落胆することはありません。解決するためのコツについて、当サイトでは心得ています。

 

下記リンク先では、「ディーラー下取りによる査定額が相場より安くなってしまう理由」「ディーラー下取額を大きくアップさせるコツ」をそれぞれ紹介しています。

 

近い将来、カムリの購入をお考えでしたら、この機会に目を通してみてください。

 

→ トヨタ・カムリの新車、値引きをさらに増やして購入する方法はこちら

2017年-カムリを安く買うための交渉法とは?