2019年-ランドクルーザーを大幅値引きをさせる〇〇の秘密とは?

◆ランドクルーザーを低価格で買うために準備しておきたいことは?

2019年-ランドクルーザーを大幅値引きをさせる〇〇の秘密とは?

引用:wikipedia

 

ランドクルーザーをもっと安く購入できる方法があります。

 

実際、事前にしっかりと準備をして契約にあたり、その結果数十万円も値引きに成功した方から報告をいただきました。

 

ランドクルーザーを出来るだけ低価格で購入するには必要なことがあります。

 

それを今からお伝えしたいと思います。

 

 

ランドクルーザー、値引き可能な金額はどのくらい?【/更新版】

 

ランドクルーザー値引き可能な金額は・・・35万円

 

ランドクルーザーは、2017年7月マイナーチェンジされ販売しています。

 

上記の金額が値引金額の目安ですので、この金額を目標に商談を進めていきましょう。

 

オプションの可能な値引き率は20〜30%です。こちらも忘れずに交渉していってください。

 

 

◆ランドクルーザーを大きく値引きできる最適なシーズンは?

 

2019年-ランドクルーザーを大幅値引きをさせる〇〇の秘密とは?

  • 1月~3月 決算期
  • 6月~7月 ボーナス期 
  • 8月~9月 中間決算期
  • 12月  ボーナス期

上記がランドクルーザーを安く購入できるシーズンです。

 

その中の1月~3月の決算期は、ディーラーが最も販売に力を入れる期間です。

 

どのディーラーも、大きな値引きをして売り上げを上げにくる、言わば値引き競争となります。

 

買う時期を気にしない方や値引きの交渉が得意でない方も、この決算期なら価格交渉もスムーズにできるので、低価格での契約に成功するでしょう。

 

 

◆ランドクルーザーを実際に値引き交渉するには?

 

2019年-ランドクルーザーを大幅値引きをさせる〇〇の秘密とは?

 

ランドクルーザーの値引きでは、他社製造の近いスペックのクルマと価格競合させていく方法がもっとも無難です。

 

近いスペックのクルマとして例を挙げると、

  • BMW・・・X5
  • アウディ・・・Q7
  • ランドローバー・・・レンジローバー
  • メルセデス・・・GLクラス

 

事前にこのような車種で見積もりを取っておき、その後にランドクルーザーの値引き交渉に臨みましょう。

 

 

注意点としては、ライバル車の見積もり依頼時にあります。

 

たとえ買うつもりのないライバル車の見積もりでも、値引きには特に真剣に商談にあたりましょう。

 

また、その車に付ける装備やオプションの設定も、ランドクルーザーと似たような設定で行いましょう。

 

そして、その安くしてもらった見積書をランドクルーザーの商談に使います。

 

ランドクルーザーの交渉相手は、毎日沢山の商談を行っているプロの販売員です。

 

適当に見繕ったライバル車の見積書では、期待できる値引きにはならないことは目に見えます。

 

目的であるランドクルーザーを安く手に入れたいのであれば、値引き交渉に成功するカギとなるライバル車の見積もりをしっかりとすることが大切です。

 

 

◆ランドクルーザー、最近購入された人の契約内容

 

2019年-ランドクルーザーを大幅値引きをさせる〇〇の秘密とは?

 

契約例(1)ZX を購入
契約者・大阪府在住・男性(46歳)
契約時期・2019年1月

 

グレード(ZX):6,847,200円
オプション:350,000円

 

クルマ本体の値引き額:350,000円
オプションの値引き額:0円
下取り額(トヨタ・ハイラックスサーフ ’09年製):1,230,000円

 

税・諸経費込み価格:5,960,917円

 

 

契約例(2)AX を購入
契約者・東京都在住・男性(43歳)
契約時期・2019年2月

 

グレード(AX):5,151,600円
オプション:420,000円

 

クルマ本体の値引き額:350,000円
オプションの値引き額:100,000円
下取り額(トヨタ・ランドクルーザー ’09年製):2,200,000円

 

税・諸経費込み価格:3,215,626円

 

 

◆新車値引き額だけでは損する!? お得な契約のためには「〇〇」をしっかりチェックしておこう

 

 

2つの契約例を上記では紹介していますが、あなたはどのように思いましたか?

 

値引き額はそれなりに満足いく内容にも見えますし、良い契約として解釈している人もいらっしゃるかもしれませんね。

 

しかしながら、2つの契約ともに大きなランドクルーザーの値引きのチャンスを逃してしまった残念な内容だったと言わざるを得ません。

 

では、何が残念だったのしょう? その根拠は「下取り額」です。

 

どちらの「下取り額」も、新車契約時のディーラーに依頼しているのですが、本来のクルマの資産価値を大きく下回る評価を付けられてしまいました。

 

なんと、中古車専門の買取業者が行なう査定と比較すると30万円〜50万円のマイナスという結果に・・・。

 

この状況について「ディーラーは新車値引き分を穴埋めしたいがために下取りを意図的に抑えたのでは?」と誤解されがちですが、それが全ての答えではありません。

 

ディーラー下取りは、どうしても査定額が低くなってしまうシステム上の理由があるためです。

 

「査定額が低くなってしまう状況」はどうにかならないのでしょうか? 当サイトではその解決法を心得ているので安心してください。

 

「ディーラーの下取り額が低くなる理由」、「本来、安くなってしまいがちな査定額を大幅にアップさせる秘策」について下記リンク先にて解説しています。

 

ランドクルーザーの契約を検討されているのなら、一通りチェックしてみてください。

 

 

→ トヨタ・ランドクルーザー、値引きをギリギリまでアップさせたい方はこちら

 

 

2019年-ランドクルーザーを大幅値引きをさせる〇〇の秘密とは?