ヴェルファイアの最新値引き情報!うまく値切るコツを紹介!

2017年-ヴェルファイアの最新価格情報!うまく値切るコツを紹介!

◆最新情報!ヴェルファイアの値引きについてご紹介します!【版】

2017年-ヴェルファイアの最新価格情報!うまく値切るコツを紹介!

引用:wikipedia

 

トヨタが取り扱う高級Lクラスミニバンというと、ヴェルファイアですね。
同じトヨタで取り扱われているアルファードとよく似ています。

 

はっきりとした違いはエクステリアのデザインくらいで、あとはほとんどと言っていいほど同じです。
ヴェルファイアのエクステリアのデザインは、20代から30代の若年層向けにされているようで”顧客が自分の好みよってヴェルファイアかアルファードを選択できる”ニーズに合うように販売されています。

 

月間の販売台数は4000台ほど。
高級車なのですが、販売台数を伸ばし人気の車種となりました。

 

 

◆ヴェルファイア ‐グレード‐

 

◎X〔ガソリン車〕  -\3,197,782
◎V〔ガソリン車〕  -\3,995,018
◎Z〔ガソリン車〕  -\3,578,727
◎Z・Aエディション〔ガソリン車〕  -\3,754,473
◎Z・Gエディション〔ガソリン車〕  -\4,173,709
◎ZA〔ガソリン車〕  -\4,145,237
◎ZA・Gエディション〔ガソリン車〕  -\4,585,091
◎VL〔ガソリン車〕  -\4,842,327
◎エグゼクティブラウンジ〔ガソリン車〕  -\6,522,218

 

◎X〔ハイブリッド〕  -\4,155,055
◎G〔ハイブリッド〕  -\4,775,563
◎SR〔ハイブリッド〕  -\4,919,891
◎V・Lエディション〔ハイブリッド〕  -\5,356,800
◎ZR・Gエディション〔ハイブリッド〕  -\5,501,127
◎エグゼクティブラウンジ〔ハイブリッド〕  -\7,036,691

 

※トヨタ社のホールページから、主なグレードのみを転載。

 

≪Z≫がついているグレード…エアロ仕様のものが人気なのですが、全ての購入者の八割以上がこのグレード[エアロ仕様]を選択しているようです。

 

なかでも≪Z・Gエディション≫が1番の人気だそうです。

 

 

◆ヴェルファイアがさらに安く!?値引き額の相場って!?【版】

 

ヴェルファイアの値引き額の目標… \300,000

 

※…オプション無しの本体のみの値引き額
※…独自調査で算出した金額【決算期の特別割引などの考慮はしない】

 

グレードの差で400万円の違いが出るため、値引き額の目標を決めることは少しばかり難しいです。
値引き額の目標はおよその目安と考えてください。

 

またオプションを付けると、ここからさらに値引き額アップの可能性があります。

 

 

◆購入者の例…ヴェルファイア購入例

 

福井県にお住いの32歳男性【契約 H28/7】

 

◎本体価格<Z・Gエディション>:   -\4,173,709
◎オプション:  -\300,000

 

◎本体値引き額:  -\300,000
◎オプション値引き額:  -\100,000
◎下取り額<2010年式・ヴォクシー>:  -\380,000

 

◎合計≪諸経費含む≫:  -\3,925,516

 

 

神奈川県にお住いの37歳男性【契約 H28/4】

 

◎本体価格<Z・Aエディション>:   -\3,754,473
◎オプション:  -\460,000

 

◎本体値引き額:  -\200,000
◎オプション値引き額:  -\200,000
◎下取り額<2009年式・オデッセイ>:  -\300,000

 

◎合計≪諸経費含む≫:  -\3,746,280

 

 

上記の購入者の例は、\200,000や\300,000の本体値引きがされているのですが、当サイトで調査したところ値引き額は、下:\200,000〜上:\700,000と値引き額に結構な差がありました。

 

購入する時期・地域などにより価格にひらきが出てくるため、目標値引き額に到達しない可能性もあります。

 

しかし、値引きしてもらえる可能性もおおいにありますのでしっかり交渉していきましょう。

 

 

交渉方法としては「まずトヨペットでアルファードの見積もりを取る」次に「ヴェルファイアの見積もりを取る」ですね。

 

ヴェルファイア、アルファードは価格帯が同じで競合させやすいので、この方法はおすすめです。

 

 

◆もっと安く購入が可能なの!?知ってる人だけ得をする値引き!!

 

 

購入例を見ると、本体の値引きやオプションの値引きなど、大分してもらっているよう見えますね。
しかし、ご紹介する事実を知ると「もっと安くなるだろう。」と思うはずです。

 

さて、どの部分を見て値引きできるかどうかを判断するんでしょうか?

 

この購入例で注目するべき点とは、《下取り額》なんです!

 

ここにある下取り額はだいぶ低く設定されているんです。
まだここから\200,000ほど値引きすることが出来るのではないかと思います。

 

営業の方々は値引きが多いように見せるために、この下取り額を調整するという事もあるように思います。
ですが、事実「ディーラーの下取り額」、これが安くなってしまうのには「理由」があるようです。

 

→下取り額がディーラーで安い「理由」と《値引き額アップ方法》はこちら

2017年-ヴェルファイアの最新価格情報!うまく値切るコツを紹介!